【西海岸のドン】スヌープドッグのファッションスタイル特集

西海岸のドンとも言われるSnoop Dogg(スヌープドッグ)は、2PacやNasといったラッパー達とともにウェスト・コースト・ヒップホップを盛り上げた。

彼が、面白い上に、「お洒落でクール」な存在であることは、VETEMENTSの16AWコレクションにて発売されたSnoop DoggのTシャツが名作とされ、現在20万円のプレ値が付いていることからも明らかだ。

出典:amazon.co.jp

今回は、そんなスヌープドッグのファッションスタイルを徹底解剖していこう。

【目次】
1 西海岸発信のフランネルシャツ
2 定番のDickies
3 【Lakers】バスケタンク
4 ADIDASのセットアップ
5 時代を風靡したCOOGI
6 オシャレすぎるスーツ

⬇︎【YouTube】90年代のHIPHOPシーンにおけるファッションをまとめた動画はこちら!⬇︎

1 西海岸発信のフランネルシャツ

1994年

西海岸のストリートファッションに触れる上で外せないのが、フランネルシャツだ。

比較的温暖な気候が続く西海岸において、ネルシャツは皆が着るアイテムであった。

そして、そんなネルシャツを90年代のHIP HOPシーンにおいて流行らせた立役者がスヌープドッグだ。

2007年

HIP HOPイベントであるHip Hop Honorsの2007年度のライブにおいてもスヌープドッグはネルシャツを着ている。

2009年

2009年に行われたショーでも。

これが西海岸のスタイルだ、と言わんばかりに、キャップには「WEST COAST」の文字が入っている。

2 定番のDickies

DickiesCarharttといったワークウェアブランドは、長くラッパー達に愛されてきた。

こちらに向けて危ないものを構えるスヌープドックが着ているデニムジャケットは、Dickiesのデニムブランケット

恐らくパンツもDickiesのアイテムだろう。

そしてご存知の通り、2PacもDickiesやCarharttのデニムアイテムを愛用していた。

このスヌープドックの服も上下ともDickies

やはりワークウェアブランドの服はセットアップで着るのが王道のスタイルのようだ。

スヌープドックが着ているこのつなぎは恐らくDickiesのアイテムだが現在は入手困難だ。

彼は、バンダナ柄(ペイズリー柄)をファッションに取り入れたスタイルが多いが、現在のファッション業界においてもペイズリー柄はトレンドの一つとなっており、多くのブランドがこの柄をデザインに取り込んでいる。

3 【Lakers】バスケタンク

大のバスケ好きとしても知られるスヌープドックだが、彼が応援するNBAチームは勿論、ロサンゼルスを拠点に持つLakersだ。

そして、彼はLakersのバスケタンクをクールに着こなしている。

ラッパー達のバスケタンクのコーデについては下記記事をご覧あれ。

出典:YouTube

ウィズカリファと共に参加した、ロサンゼルスのラジオ番組・Power 106でのスヌープドックの服装からも、彼のLakersへの愛がヒシヒシと伝わってくる。

因みに、スヌープドックはバスケもプレイする。

ラッパー達の意地とプライドを賭けたバスケの試合も是非ご覧あれ。

4 ADIDASのセットアップ

Embed from Getty Images

今のシーンでは、チェックのNIKEがスリーストライプのADIDASに一歩リードしている印象だが、RUN-D.M.Cの正装でもあったADIDASのジャージは今でも根強い人気を誇る。

ADIDAS× Snoop Dogg

そして、スヌープドックはADIDASとのコラボスニーカーも展開している。

ADIDASにもまだまだ強い味方がいるようだ。

5 時代を風靡したCOOGI

ノートリアス・B.I.G.など1990年代の主役であったラッパーらが愛用したことで、COOGIの柄ニットは一世を風靡した。

そして、近年COOGIの柄ニットは再評価され再ブームを果たし、ASAP Rockyなどのラッパー達も着用している。

6 オシャレすぎるスーツ

ストリートファッションだけでなく、スヌープドックはスーツをも完璧に着こなす。

オーバーサイズの服からタイトなスーツまで網羅するスヌープドックに、もはや似合わない服はないだろう。

ペイズリー柄

そして、先ほどご紹介したペイズリー柄は、スーツにおいても例外ではない。

いかがでしたでしょうか。

今回は、スヌープドックの1990年代から現在までのファッションスタイルをご紹介しました。

気になるスタイルがあれば是非皆さんのファッションに取り入れてみて下さい。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧