Lil Durk(リルダーク)| 漂う哀愁とナイスなファッション

シカゴの荒れた地域で生まれ育ったLil Durk(リル・ダーク)は、今や腕にはリシャール・ミルの時計をつけ、ランボルギーニを乗り回しており、見事にヒップホップドリームを掴んでいる。

トラップを中心とした哀愁漂うリル・ダークの楽曲は誰もがクセになる。

今回は、そんなリル・ダークについて今必ず知っておきたいことから、愛用しているファッションブランドまでご紹介しよう。

1 Lil Durkについて

Via Pinterest @minari_media

名前の読み方

リル・ダーク

身長

180cm

Instagram

@lildurk

TikTok

@lildurk

YouTube

@Lil Durk

1.1 Lil Durkとは

Lil Durk(リル・ダーク)は、1992年10月19日生まれ、イリノイ州シカゴ出身のラッパーであり、Spotifyの月間リスナーは2,100万人を超える。

幼い頃から音楽に興味を持っていた彼は2011年に、自身が主導するレーベル・OTF(Only The Family)から最初のミックステープ「I’m a Hitta」をセルフリリースし、彼の才能が徐々に世に知れ渡るようになる。

彼が音楽で飯を食って行こうかと考え始めたのもこの頃。

その後、リル・ダークはDef Jam Recordingsと契約し、現在デフ・ジャムに所属するラッパーの中で最高峰だと言われている。

荒れた地域での生活と父親の不在(懲役刑)により、貧しい幼少期を過ごしていたリル・ダークは、OTFに所属していた故キング・ヴォンを筆頭に、地元のラッパー達の才能も開花させ、一緒に成り上がった。

リル・ダークのさらなる活躍に期待が集まる。

1.2 日本人プロデュースの
『The Voice』

2020年12月にリリースされたリル・ダークのアルバム「The Voice」がBillboard全米1位に輝いた。

そして、このアルバムに収録されている楽曲『The Voice』に参加した4人のプロデューサーのうちの一人が日本人のTRILL DYNASTY(トリル・ダイナスティ)

TRILL DYNASTY自身も含め、日本人プロデューサー達がこれから世界で活躍する道を切り開いたと言えるだろう。

2 Lil Durkが愛用する服のブランド6選

リル・ダークは「ザ・ラッパー」なラグジュアリーストリートファッションを好み、オレンジやブルー、イエローといった派手なカラーも華麗にコーデに取り入れる

ここからは、そんなリル・ダークの私服のブランドをご紹介しよう。

2.1 Casablanca

Via Pinterest @minari_media

トレーナー

Casablanca グリーン Tennis Club Island スウェットシャツ
(4万4500円)

Casablanca(カサブランカ)は2019SSコレクションでデビューしたばかりのフランスのブランド。

カサブランカのアイテムはクラシックかつ雅やかなデザインで、今までありそうでなかった雰囲気だ。

カサブランカの19-20AWコレクションのランウェイショーには日本のラッパー・HIYADAMが参加し、それでこのブランドを知ったヘッズも少なくないだろう。

2.2 MASTERMIND

Via Pinterest @minari_media

ロンT

MASTERMIND WORLD PILE STRIPE TEE(6万3800円)

MASTERMIND WORLDは、日本のファッションブランド・MASTERMIND JAPANから派生した海外向けのライン。

素材はMADE IN JAPANにこだわり、日本で丁寧に作り込まれたMASTERMINDの服は100万円を超えることも珍しくない。

ちなみに、ポスト・マローンが、酔った勢いでMASTERMINDの800万円もするジャケットを購入したという話は明日の話題にどうだろう。

2.3 VALABASAS

Via Pinterest @minari_media

パンツ

VALABASAS STACKED COMMANDER FOLIAGE GREEN(約1万6000円)

VALABASAS(バラバサス)はテネシー州・メンフィス発のデニムブランドで、フレアジーンズやデニムのカーゴパンツなどストリートの最新トレンドを敏感にキャッチしている。

また、価格帯もリーズナブルなのでオススメ。

2.4 AMIRI

Via Pinterest @minari_media

ジャケット

AMIRI LONG SLEEVE PAJAMA JACKET(18万8700円)

Tシャツ

AMIRI CORE LOGO TEE
(4万4400円)

パンツ

AMIRI STACK JEAN
(8万7400円)

USのトップラッパーであれば誰もがAMIRI(アミリ)のジーンズを履いており、リル・ダークも例外ではない。

アミリは2014年にスタートしたばかりだが、POP SMOKEの『DIOR』など数々のヒップホップソングのリリックにブランド名が登場しており、シーンにおける人気ぶりがうかがえる。

2.5 Rhude

Via Pinterest @minari_media

ジャケット

Rhude VARSITY TEAM JACKET(約25万円)

Rhude(ルード)「NEXT FEAR OF GOD」と話題になっているLA発のストリートブランド。

上の写真でリル・ダークが着ているジャケットからも分かる通り、Rhudeのアイテムはスリムなシルエットで上品なのが特徴だ。

2.6 Off-White

Via Pinterest @minari_media

ジャケット

Off-White Graphic-Print Cotton Bomber Jacket
(26万2000円)

数年前のストリートは、Off-White(オフホワイト)の大きなアローロゴが背中にプリントされたトレーナーやパーカーで溢れかえっていた。

そして近年は、スタジャン・ニット帽・サングラスといった他のカテゴリーも充実しており、ラッパー達にも大人気だ。

いかがでしたでしょうか。今回は、Lil Durk(リル・ダーク)について今知っておきたいことから、私服のブランドまでご紹介しました。

リル・ダークの成り上がりストーリーはきっとまだ序章にすぎない。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧