ROGIC|唯一無二のペイズリーパンツを東京から発信するブランド

日本のドメスティックブランドを取り上げる企画【.jp】(ドット・ジェー・ピー)

ドメスティックブランドとは日本国内発のブランドのことを指し、既存の西洋文化に日本的な新要素を加え、時には破壊することで新しい価値を生み出しています。

そして今回は、2018年に始まったばかりにも関わらず、ペイズリー柄のアイテムで世界中のデザイナー・アーティストを魅了しているブランド・ROGICをご紹介します。

 【目次】
1 ROGICとは
2 デザイナー・MAO
3 ペイズリー柄
4 ROGICを愛用しているアーティスト

1 ROGICとは

ROGIC(ロジック)とは、オフホワイトの国内唯一の旗艦店であるOff-White Tokyoでスタッフとして働くMAO(マオ)が2018年に立ち上げた日本発のブランドで、ペイズリー柄のパンツが定番アイテム。

ROGICは、Off-Whiteを手掛けるVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)をはじめ、世界中のアーティストや著名人に愛用されており、今世界から最も注目されている日本のストリートブランドの一つ。

2 デザイナー・MAO

ROGICを手掛けるデザイナー・MAO(マオ)氏は、昔からメンズファッションにしか興味がなかったという。

中でもパンツというアイテムに惚れ込み、理想のパンツを作るためにROGICを立ち上げたのだとか。

ブランド立ち上げとともにすぐに知名度を獲得し、MAO氏が昔からリスペクトしていたヴァージル・アブローも目をつけた。

今では二人は連絡を取り合う仲で、東京-アメリカ間で情報交換している。

また、MAO氏は、同じくOff-White Tokyoで働いていたアーティストのvividboooyと姉弟のように仲が良い。

3 ペイズリー柄

3.1 パンツ

ROGIC(ロジック)の中で最も定番のアイテムがこのペイズリー柄のカーゴパンツであり、左右非対称にデザインされたポケットやストラップが個性的でかっこいい。

3.2 スニーカー

上品なデザインのこのスニーカーは、LEXが『WORLD PEACE』のMVにて履いていた。

3.3 シャツ&バケットハット

シャツはROGICの人気アイテムの一つであり、バケットハットは2020年9月のChildren of the discordanceとのコラボで発売されたのが最初で、21SSシーズンでは2デザイン発売している。

21SSのイメージモデルにはvividboooyが起用されている。

ペイズリー柄のストリートシーンにおける歴史も合わせてチェックしておこう。

4 ROGICを愛用しているアーティスト

最後に、ヴァージル・アブローの他にROGIC(ロジック)を愛用しているアーティストを4名ご紹介。

4.1 Billie Eilish

4.2 Tyga

4.3 Young Thug

4.4 Futura

パンツに誰よりも詳しいMAO氏だからこそ作れるパンツで、世界を舞台に急速で成長するブランド・ROGICのこれからの活躍に目が離せない。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧