【トレンドジャック】トラックパンツ人気ブランドとラッパーの履きこなし

ストリートを中心に今流行りを見せるトラックパンツ

トラックパンツとは、ナイロン素材でサイドにラインの入ったパンツのことを指すことが多かったが、現在ではラフでスポーティーなパンツを総称してトラックパンツと呼ぶことが多く、デザインも様々なストリートブランドがあらゆる個性的なデザインを展開している。

そこで今回は、メンズ トラックパンツの王道から新鋭までおすすめのブランドを、ラッパーの履きこなしと共にご紹介します。

【ブランド一覧】
1 NEEDLES
2 UNKNOWN
3 FEAR OF GOD
4 99%IS
5 Black Eye Patch

1 NEEDLES

出典:nepenthes.co.jp

NEEDLESとは

NEEDLES(ニードルズ)とは、1995年に日本にて生まれたファッションブランドであり、ロゴの「蝶」と共に現在世界で羽ばたく。

ASAP Rocky, Offset, Lil Uzi Vertなどを始め様々な海外アーティストから愛されるNEEDLESの代表的なアイテムは間違いなくトラックパンツだ。

サイドのラインに蝶のロゴというシンプルなデザインでありながら、絶妙な色の組み合わせや履き心地に影響する生地や作りの細部へのこだわりなど、日本の武器を持ち世界に挑むNEEDLESのパンツは他ブランドのものとは一線を画す。

日本でもかなり定番アイテムとなっており、トラックパンツといえばNEEDLESという印象の方も多いのではないだろうか。

シックなデザインから派手なものまで豊富なラインナップであるため、ぜひ自分の好みやしたいスタイルに合わせてアイテムをチェックしてみて欲しい。

NEEDLESトラックパンツ ラッパーの履きこなし

ASAP Rocky

HIP HOPシーンのファッションアイコンの一人と言えるASAP Rocky(エイサップ・ロッキー)は、NEEDLESトラックパンツの愛用していることでも有名。

そして彼のトラックパンツの履きこなしはやはり上手い。

ボーダーで色もシックなシャツとVANSのオールドスクールに、NEEDLESのトラックパンツを合わせることでパンツのデザインを際立たせ、それでいて全体としてまとまった印象を受ける履きこなしを実現している。

YZERR

BAD HOPのリーダー的存在であるYZERR(ワイザー)は、NEEDLESやSacaiなどのドメスティックブランドのアイテムを上手く着こなす。

この写真では、ロサンゼルス発のストリートブランドであるMENACE(メナス)のパーカーと足元のジョーダンの色をNEEDLESトラックパンツと合わせ、ほぼワンカラーでまとめている。

2 UNKNOWN

出典:unknownlondon.com

UNKNOWNとは

UNKNOWN(アンノウン)とは、1987年にイギリス・ロンドンにて生まれたファッションブランド。

イギシス国内での生産にこだわり続ける彼らは、デザイン・素材共にハイクオリティなアイテムを展開する。

最近では、ストリートファッションに取り入れられることが多いUNKNOWNは現在波に乗る要チェックブランド。

week dudus,Lexなど様々なラッパーが愛用しており日本での知名度もかなり上がってきている。

UNKNOWNトラックパンツ ラッパーの履きこなし

week dudus

出典:YouTube

空音を客演に迎えた楽曲『That’s that』のMVにて、week dudusはUNKNOWNのトラックパンツ.・Yellow Tech Pants(14,000円)を履いている。

UNKNOWNは、セットアップも展開しておりweek dudusのこの上下のアイテムもその一つ。色合い・生地感共に相性抜群である。

3 FEAR OF GOD

出典:fearofgod.com

FEAR OF GODとは

FEAR OF GOD(フィア オブ ゴッド)とは、2013年にロサンゼルスにて生まれた新鋭ブランドであるが、その奇抜でありながら上品なデザインが多くの者を虜にし、現在爆発的な人気を誇るストリートブランド。

FEAR OF GODのパンツの多くは紐が地面に付くほど長く、この紐を垂らして街へ出るのが一般的な履き方だ。

しかし、人によっては紐をくくることで長さを調節したり、中には紐を切ってしまう人もいるため、個人ごとに履き方が存在する。

最近では、世界で名の知れた高級ブランドであるErmenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)とのコラボが大きな話題を呼んだ。

FEAR OF GODトラックパンツ ラッパーの履きこなし

Justin Bieber

様々なラッパーとのコラボにより数々のヒットソングを生み出しているJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)はFEAR OF GODのトラックパンツを愛用している。

Justin Bieberをよくチェックしている方なら、彼が紐の垂れたパンツを履いている姿は容易に想像できるだろう。

因みに、彼がこの写真にて着用しているパンツは、FEAR OF GOD FIFTH COLLECTION TRACK PANTS RED/WHITE

Rich The Kid

出典:YouTube

XXL freshman2015,2016に選出され今波に乗るラッパーRich The Kid(リッチ ザ キッド)も楽曲『Money Talk』にてFEAR OF GODのトラックパンツを着用している。

FEAR OF GODのパンツはシルエットがかなり綺麗であり、コーデ全体も引き締まる。

そしてこの垂れた紐が一癖あってまた面白い。

因みに彼がMVにて履いているトラックパンツはFEAR OF GOD のDOUBLE STRIPE TRACK PANTS(BLACK/CREAM)であり、定価は120,000円程。

4 99%IS

出典:99percentis.com

99%ISとは

99%IS(ナインティーナインパーセントイズ)とは、2012年に韓国・ソウルにて生まれた新鋭ファッションブランドであり、この特殊なブランド名には、「一般的にはマイナーとされメインストリームには上がらない(99%の人には目を向けられない1%の)カルチャーが自分の中では99%を占めている」という思いが込められている。

よって、このコンセプト通り、99%ISのトラックパンツは良い意味で他のブランドのトラックパンツとは大きく異なる

個性的で、かつ大胆なデザインの99%ISのアイテムは近年ファッショニスタを中心に熱い視線を集めている。

99%IS トラックパンツ ラッパーの履きこなし

Lunv Loyal

出典:YouTube

ゆるふわギャングなどとの交友関係も深く、近年そのリアルなリリックと音楽性の高さが注目を集めるラッパーLunv Loyal(ルナ・ロイヤル)が、話題曲『100』のMVにて99%ISのGOBCHANG PANTSを着用している。

全体的なコーデは、黒と赤で上手くまとめられているが異彩な空気を放つこのトラックパンツは無意識であっても目に焼きつくだろう。

一目で99%ISと分かる特徴的なデザインのこのトラックパンツは、個性的な服が好きな方には特におすすめ。

黒/赤の他にも、様々な色があるためぜひチェックしてみて欲しい。

Bark

BAD HOPのメンバーであり、オシャレとしても知られるBark(バーク)も横浜アリーナで行われた無観客ライブBAD HOP WORLD 2020にて99%ISのトラックパンツを着用している。

パーカーとパンツのテイストを合わせ自分のスタイルに落とし込むBarkの着こなしからはやはり学ぶことが多い。

5 Black Eye Patch

出典:blackeyepatch.com

Black Eye Patchとは

Black Eye Patch(ブラックアイパッチ)とは、2016年に日本にて生まれたストリートブランドであり、「取扱注意」のデザインでも知られている。

最近では、世界的に有名なファストファッションブランドH&Mとのコラボを実現し、ほとんどの実店舗にて長蛇の列を作るほど今波に乗るBlack Eye Patchであるが、デザイナーなどの情報は公開しておらず、かつては「ステッカー集団」という呼び名が付いていた。

そんなBlack Eye Patchは今後のストリートやHIP HOPのファッションシーンを盛り上げる重要ブランドになることはまず間違いなさそうだ。

Black Eye Patchトラックパンツ ラッパーの履きこなし

WILYWNKA

WILYWNKAがこちらの投稿にて着用しているのは、Black Eye Patchのトラックパンツであり、上のナイロンジャケットもBlack Eye Patchのアイテム。

カジュアル過ぎずスポーティーに着こなしており、WILYWNKAのバーバースタイルの髪型との相性も抜群。

因みにJustin Bieberも、2017年のPurpose TourにてBlack Eye Patchのトラックパンツを着用しており、Black Eye Patchは設立わずか一年で世界で注目を浴びるブランドへと成長を遂げている。

まさに、取扱注意なブランドだ。

以上、今回はストリートファッションが好きなメンズにお勧めしたいブランドを五つ、世界のラッパーの履きこなしと共にご紹介しました。

ぜひこの記事を参考に、自分に合ったトラックパンツを選んでみて欲しい。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧