Migosのフレアデニムコーデ特集《春夏秋冬》メンズ着こなしの正解

スキニージーンズが長年ストリートを席巻していたが、ここ数年でひそかに流行りを見せるフレアデニムパンツ

GALLERY DEPT.を先頭に、様々なブランドがフレアジーンズをリリースしている。

そして、世界で最もフレアパンツをオシャレに履きこなすHIPHOPトリオはMigos(ミーゴス)だろう。

今回は、そんなMigosの季節別フレアデニムコーデを見ながら、着こなしのポイントを解説しよう。

1 フレアデニムを用いたメンズコーデ【秋冬】

一年で最も冷え込む秋冬シーズンは重ね着が増えるが、シルエットには気をつけたいところ。

早速、Migosの三人による秋冬のフレアデニムコーデを見ていこう。

ダウンジャケットで上半身にボリュームを

Via Instagram @quavohuncho

GALLERY DEPT.のフレアデニムにTHE NORTH FACE x READYMADEのバンダナ柄ダウンを合わせた、クエヴォによる防寒ばっちりの冬コーデ。

裾に向かって広がっていくフレアジーンズは、ボリューミーなダウンジャケットを合わせるとコーデのバランスが最高。

ブルーの反対色であるオレンジをインナー・スニーカーに持ってきているのも◎

カーディガンやブーツで上品な雰囲気を演出

Via Instagram @offsetyrn

オフセットは、フレアデニムにニットカーディガン・チャンキーソールのレザーブーツを組み合わせ、レトロな上品さを表現。

普通のデニムとは違い、品のある着こなしができるのもフレアデニムパンツの大きな魅力の一つだ。

王道のカラーマッチでもフレアデニムならシャレ感ある秋冬コーデに

Via Instagram @offsetyrn

ニット帽・パーカー・スニーカー・ジャケットを紫色で合わせ、ジーンズをサンドイッチした、王道のストリートコーデ

ここでフレアジーンズをチョイスすることで、一段階上の着こなしに。

ビッグシルエットのトップスとフレアデニムパンツが好相性なことも先述の通り。

パッチワークの効いたフレアジーンズなら他のアイテムで色を回収し統一感を

Via Instagram @offsetyrn

KAPITALのパッチワークの効いたフレアジーンズ。

一見合わせるのが難しそうだが、オフセットは、全パッチワークのおおよそ平均をとってパープルに注目

パンツの存在感が強いので、紫色のシンプルなロゴパーカーを。

フレアデニムの迷彩柄と相性の良いブラウンをパーカーにチョイスした秋冬コーデ

Via Instagram @offsetyrn

フレアジーンズに含まれる迷彩柄と相性の良いブラウンのパーカーを組み合わせ、白インナーと白エアフォース1でコーデの明るさをキープ。

ブラウンの反対色であり相性抜群のブルーのキャップをセットしているのも流石の色使い。

オーバーサイズのトップスで上級ファッショニスタのシルエットに

Via Instagram @yrntakeoff

サングラス・セーター・スニーカーを赤色で、バケットハット・フレアデニムパンツを黒色で合わせた、統一感抜群のコーデを披露するテイクオフ。

やはり、フレアジーンズはオーバーサイズのトップスと相性が良く、VETEMENTSやRAF SIMONSを彷彿とさせるシルエットがクール。

2 フレアデニムを用いたメンズコーデ【春】

暖かい夏の到来を感じさせる日もあれば、冬の寒さが残る日もある春シーズンは、冬と比べてトップスは軽め。

パーカー1枚やジャケットを軽く羽織った、ミーゴスの春用フレアデニムコーデを見ていこう。

カットオフフレアデニムxヴィンテージ風パーカーで雰囲気をマッチ

Via Instagram @offsetyrn

裾がカットオフされたフレアデニムは男女問わず人気なアイテム。

オフセットは、ペイント加工やユーズド加工の効いたパーカーを合わせることで、一貫してヴィンテージライクなコーディネートに。

パーカーのテキストとスニーカーでカラーマッチさせているのもさすが。

暖色でまとめた上品で春らしいトーンオントーンコーデ

Via Instagram @offsetyrn

ベージュ・ブラウン・イエローという暖色でまとめ、春らしい柔らかい雰囲気に。

先述の通り、フレアジーンズはビッグシルエットのトップスと相性が良いが、春はダウンを着ると暑すぎるので大きめのジャケットを羽織ればOK

パッチワークフレアデニムでメリハリのあるトーンオントーンコーデに

Via Instagram @offsetyrn

全身ブルー系で統一したトーンオントーンコーデをするなら、パッチワークの効いたフレアジーンズでメリハリをつけるのも一つの手。

そして、やはり厚底スニーカーはフレアジーンズと相性が良い。

オフセットはウォレットチェーンをつけているが、トゥーマッチにならないように気をつけたい。

バケットハットはフレアデニムコーデに好相性!

Via Instagram @offsetyrn

フレアデニムにバケットハットを合わせてひと技効かせるファッショニスタは多い。

オフセットは、KAPITALの骨柄セーターに含まれるピンクを帽子で回収。

バケットハットを上手く取り入れて、周りと一線を画したフレアデニムパンツコーデを!

ブラウンのフレアジーンズでストリートなデニムオンデニムコーデを

Via Instagram @quavohuncho

上下デニムアイテムで合わせる「デニムオンデニム」は簡単に統一感を出せる。

メリハリのつけようが難しいポイントだが、オーソドックスなインディゴのジージャンに、ブラウンのフレアデニムパンツを合わせれば、簡単に洒落感のある着こなしが実現できる。

トップスのシルエットが細めな分、ベースボールキャップを浅めに被ることでバランスを取っているのも◎

ロング丈のTシャツからジャケットを羽織りバランスの良いコーデに

Via Instagram @quavohuncho

春はTシャツにジャケットを羽織れば王道のフレアジーンズコーデが完成するが、Tシャツの丈に気を配りたい。

クエヴォのように、ロング丈のインナーをチョイスすることで、最高のバランスを実現できることは覚えておきたい。

3 フレアデニムを用いたメンズコーデ【夏】

暑い夏シーズンはトップスにボリュームを持たせるのが難しい分、工夫を効かせることがより重要になる。

Migosの三人は、シンプルになりがちな夏のフレアデニムコーデをどのようにしてクールに仕上げているのだろうか。早速見ていこう。

ジーンズと同系色のシャツを合わせインナーのカラーが映えるコーデに

Via Instagram @quavohuncho

クエヴォは、フレアジーンズにネイビーの半袖シャツを羽織り、リラックスしたスタイルに。

シャツとパンツをブルー系で合わせることで、赤いインナーがアクセントとして最高に効いている。

スニーカーでも赤色を回収している流石のこだわりに脱帽。

白Tシャツを合わせた夏の王道フレアデニムパンツコーデ

Via Instagram @quavohuncho

白Txジーンズという王道の組み合わせでも、フレアデニムパンツなら一風変わった雰囲気に。

とはいえ色合いがシンプルなので、クエヴォのようにスニーカーとキャップのテキストでカラーマッチさせるなどといった工夫が欲しいところだ。

明るいベージュのフレアジーンズにトレンドのタイダイ柄Tシャツが際立つ着こなし

Via Instagram @quavohuncho

トレンドのタイダイ柄Tシャツを主役にするため、パンツ・スニーカーは白っぽいベージュを。

この場合、フレアデニムパンツはあくまでもTシャツを引き立たせるキャンバスだが、コーデをシャレ感漂うシルエットにしている縁の下の力持ちだ。

Tシャツとスニーカーでカラーマッチさせた王道の着こなし

Via Instagram @offsetyrn

オフセットはTシャツとスニーカーを黒で統一し、グレーのジーンズをサンドイッチした王道のコーデを披露したが、フレアデニムをチョイスしたことで、ありきたりなシルエットを回避。

それでも色合いがシンプルなので、ウォレットチェーンでアクセントをつけているところにオフセットのファッションセンスが表れている。

ブルーのフレアデニムパンツに白スニーカーならどんなトップスでもマッチする

Via Instagram @yrntakeoff

テイクオフはBAPEのパーカーとGALLERY DEPT.のTシャツを重ね着し、上半身をカラフルに。

ご覧の通り、ブルーフレアジーンズx白スニーカーなら、どんなトップスでも簡単に合わせることができる。

いかがでしたでしょうか。

フレアデニムパンツで上級ファッショニスタの着こなしをしよう。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧