• HOME
  • 記事
  • HIPHOP
  • 超有名な未解決のラップビーフ6つを厳選【ヒップホップ豆知識】

超有名な未解決のラップビーフ6つを厳選【ヒップホップ豆知識】

ビーフとは、2人のラッパー、あるいは複数のHIPHOPクルーが確執を持つことを意味する。たいていは、誰かが曲中でディスることからビーフは始まる。

ビーフは、ビジネス上の関係の失敗、恋愛関係のいざこざ、嫉妬、裏切り、仲間への忠誠心など、さまざまな原因から生まれる。

今回は、現役ラッパーたちによる超有名なビーフを厳選してご紹介しよう。

Cardi BとNicki Minaj

Via BBC

Cardi BはMigosの『MotorSport』のヴァースで、同じく客演で参加したNicki Minajを微妙に非難したが、のちにインタビューで悪縁を否定していた。

Nicki Minajも、傷つきはしたが、メディアが報じている二人の争いはでっちあげだと主張。

しかし、2018年のNYファッションウィークのパーティーにて、Cardi BがNicki Minajに靴を投げつけた

それ以来、二人は公然と敵対するようになり、ラジオ番組やインスタグラムの投稿で侮辱の応酬を繰り広げている。

この激しい対立に終わりはなさそうだ。

Trippie ReddとTekashi 6ix9ine

Via Capital XTRA

テカシことTekashi 6ix9ineは、YGやMeek Mill、Rich The Kid、Chief Keef、Futureなど、ヒップホップシーンの多くの大物ラッパーたちと確執がある。

Trippie Reddもその一人だ。

2017年に二人が『POLES1469』をリリースした後、トリッピー・レッドは、テカシが未成年の少女に暴行を加えたと訴えられていることを知り、すぐに非難。

二人はSNS上でも喧嘩していたし、レッドはニューヨークで、テカシはロサンゼルスで襲撃された。

また、テカシが2018年11月に収監されると、レッドはSNSで祝杯をあげた。

この確執も無くなる様子はない。

DrakeとPusha T

Via Billboard

Pusha Tが『Exodus 23:1』でリル・ウェインらをディスると、彼の後輩であるドレイクは、2017年の『Two Bird, One Stone』でPusha Tをドラッグディーラー気取りだとディスり、二人のビーフが悪化する。

翌年、プシャ・Tは『Infrated』でドレイクのゴーストライター起用疑惑に触れ、ドレイクは数時間後にアンサーソング『Duppy Freestyle』をリリースした。

2020年6月時点でデモがリークしていた故POP SMOKEの『Paranoia』にはプシャ・Tの他、GunnaとYoung Thugも客演で参加していたのだが、プシャ・Tがヴァースでドレイクをディスっていることに対して他の二人は不満を抱えていた。

ヤンサグがインスタグラムでプシャ・Tに不満を伝えると、プシャも反論。こちらの二人のビーフもラップシーンを揺るがし続けている。

今なら
MAX15%OFF
↓↓送料無料↓↓

Gucci ManeとYoung Jeezy

Via Pitchfork

Gucci Maneは自宅で4人に襲撃されるも素っ裸で撃退。

そのうち一人は命を落としているが、正当防衛であることを認められて殺人容疑は取り下げられた。

その亡くなった一人が、アトランタの気鋭ラッパーであるYoung Jeezyの仲間であった。

そもそもこの二人は、2005年に『Icy』の印税をめぐって揉めており、2009年にDJ Dramaを介して和解したものの、Young JeezyとRick Rossの対立をきっかけにビーフが再熱した。

大きな問題が起きないことを祈るばかりだ。

French MontanaとYoung Thug

Via XXL

2020年4月、French Montanaは、ケンドリック・ラマーよりもヒット数が多いと主張。

ケンドリックがこれに対して全く反応しないので、ヤング・サグが彼の代わりに横槍を入れる。

ヤンサグはインスタグラムにフレンチ・モンタナをディスる動画を投稿し、フレンチはサグの服装をいじるなど、数日間の激しい争いが繰り広げられた。

そして、このような状況でも、ケンドリックは沈黙を守ったのであった。

EminemとMachine Gun Kelly

MGKは2012年にエミネムの娘が超ホットだとツイートしたことにより、ラップの神様の怒りを買うことになる。

2018年にリリースされたエミネムのアルバム「Kamikaze」に収録されている『Not Alike』で、神はMGKのことを「俺になりたがっているけど絶対なれない奴」だとディスり、MGKは『Rap Devil』でディスり返す。

さらに、エミネムはたった一週間でアンサーソング『KILLSHOT』を発表し、ヘッズのほとんどがエミネムに軍配を上げた。

しかし、ヤングサグはインスタグラムで、MGKのことを「エミネムを終わらせた男だ」とコメントしている。

皆さんはどちらが勝者だと思いますか?

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

今なら
MAX15%OFF
↓↓送料無料↓↓

関連記事一覧