【完全ガイド】オーバーオールのおしゃれな着こなし方と注意すべきこと

元々、カバーオールという名で1700年代から農民たちの間で愛されていたオーバーオールは、1990年代に入るとファッションアイテムとして注目が集まり、その魅力は大衆に広まった。

オーバーオールは着こなせば間違いなくおしゃれだが、着方が難しいことも事実。

そこで今回は、ディッキーズやカーハートを始めとするオーバーオールについて、着る際に抑えておくべきポイントをチェックしながら、その着方を解説していこう。

【目次】
1 フィット感は控えめに
2 出したい雰囲気によって中のウェアは変える
3 肩の紐は外さないのが妥当
4 ブーツが定番
5 オーバーオールの着こなしはクラシックが鍵

1 フィット感は控えめに

出典:popsugar.com

普段タイト目なパンツを履く方はなるべく細いシルエットでオーバーオールを着たいと感じるかもしれないが、オーバーオールにおいてはその考えを捨てて欲しい。

元々は農民の方々に慕われていたオーバーオールは、オーバーサイズのゆったりとしたシルエットこそが、醍醐味であり魅力だ。

体のラインが分かるほどのサイズ感はおすすめしない。

2 出したい雰囲気によって中のウェアは変える

出典:vogue.co.jp

オーバーオールの中に着る服は、あなたの好みのスタイルに合わせて選んで欲しい。

スケーターファッションが好きな方は写真のエイサップロッキーのように、パーカーを合わせるのもアリだ。

しかし、注意して欲しい点が二つあり、一つは、なるべくシンプルなデザインのものを合わせるということ。

そして、二つ目は襟付きのシャツは基本的にはNGということ。

オーバーオールにフォーマルな服を合わせると違和感が出ることが多く、作業着として用いられていたオーバーオールの歴史的な背景を考えてもミスマッチだろう。

3 肩の紐は外さないのが妥当

出典:incorporatedstyle.com

肩の紐については基本的に個人の自由であり、片方外すだけでもコーデの印象は大きく変わる。

しかし、最初の方は肩の紐は外さないのが妥当だ。

オーバーオールは元々ダボついているので、紐を外すと少し垢抜けない印象を与えかねない。

最初は肩の紐は外さず、慣れてきたら色々と試してみるのがベストだろう。

4 ブーツが定番

出典:https://www.vogue.com/

オーバーオールに合わせる靴は、ティンバーランドなどのブーツが相性抜群だ。

コンバースのオールスターなどを合わせているファッショニスタも多いが、ポイントはなるべくシンプルなデザインということだ。

5 オーバーオールの着こなしはクラシックが鍵

出典:alamy.com

ディッキーズやカーハートなどのブランドは、長年オーバーオールを作り続けているため、やはり他のブランドのものと比べても頑丈であり、作業着というオーバーオールのルーツに忠実に作られている。

そして、2Pacウィルスミスといった、時代のファッションアイコンとされてきた人物たちが、こういったワークウェアブランドの、デニムブルーやブラックといったシンプルな色のオーバーオールを愛用していたことには理由がある。

オーバーオールの着こなしはクラシックが鍵だからだ。

この点さえ覚えておけば、オーバーオールのコーデを大きく外すことはないだろう。

いかがでしたでしょうか。

今回は、オーバーオールのおしゃれな着こなし方をご紹介しました。

服のルーツを理解すれば、自然と着こなしも上手くなる。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧