• HOME
  • 記事
  • BRANDS
  • 『ロエベ』は最近なぜ人気?今のうちに知っておきたい5つの魅力

『ロエベ』は最近なぜ人気?今のうちに知っておきたい5つの魅力

かつてはヨーロッパのラグジュアリーファッション界でお高くとまっていたLOEWE(ロエベ)は、今やエイサップ・ロッキーやプシャ・Tを始めとしたラッパーたちに愛され、ストリートシーンで絶大な人気を誇っている。

では、ロエベはなぜストリートでこれほど人気になったのか

今回は、その5つの大きな理由をご紹介しながら、今最もホットなこのブランドの魅力に迫っていこう。

【目次】
人気の理由①|ロエベを一新したスチュアート・ヴィヴァース
人気の理由②|伝統にエッジを効かせたジョナサン・アンダーソン
人気の理由③|若い世代を取り込む戦略
人気の理由④|人気の立役者「エイサップ・ロッキー」
人気の理由⑤|ロエベを愛する芸能人・ラッパー

人気の理由①|ロエベを一新したスチュアート・ヴィヴァース

Via THE WALL STREET JOURNAL

1846年にマドリードでスタートしたLOEWE(ロエベ)は、100年以上にわたってレザー製の財布やハンドバッグのみを扱ってきたが、1965年には遂に既製服コレクションを発表。

また、1996年のLVMHによる買収をきっかけに、ロエベの注目度が一気に上がったと言えるだろう。

そして、そんなロエベのラグジュアリーファッション界における評価を確固たるものにしたのがスチュアート・ヴィヴァース氏のクリエイティブ・ディレクター就任。

ヴィヴァース氏は、ロエベがレザーブランドの枠を超え、より柔軟でフェミニンな服を前面に押し出す手助けをしたことで、業界内でGUCCIやLOUIS VUITTONと影響力を争うブランドにまで成長させたのであった。

人気の理由②|伝統にエッジを効かせたジョナサン・アンダーソン

2013年、JWアンダーソンのデザイナーとしても知られるジョナサン・アンダーソン氏がクリエイティブ・ディレクターに就任し、お堅い印象の強かったロエベを若返らせた

まず、多くのラグジュアリーブランドがゴツいスニーカーやロゴTシャツを出す中、アンダーソン氏は伝統的な仕立て技術を用いたアイテムやニットウェアを中心に展開し、独自のポジションを確立。

そして、彼はブランドロゴをアップデートすることで、ロエベをよりモダンで親しみやすい印象に。

さらに、今となってはロエベのシグネチャーであるスモーキーな白色も、フィッシャーマンジーンズもアンダーソン氏の功績だ。間違いなく近年のロエベ人気の火付け役であろう。

人気の理由③|若い世代を取り込む戦略

アンダーソン氏がロエベの指揮を執るようになった2013年頃、若者たちはテレビゲームを買うのと同じように、ファッションにお金をかけるようになり始めた。

そこで、アンダーソン氏は、ロエベにポップカルチャー的な要素もバランスよく取り入れ、堅苦しい印象を取っ払うことにフォーカス。

マンガ柄のスーツ、ディズニーのキャラクターが描かれたスウェット、スタジオジブリ『千と千尋の神隠し』とのコラボレーションがその代表的な例だ。

人気の理由④|人気の立役者「エイサップ・ロッキー」

Via POPSUGAR

若者たちはお金を貯めて、有名人、特にラッパーたちの服装を真似するようになった。

中でもエイサップ・ロッキーは、ロエベをHIPHOPシーンにいち早く持ち込み、ファッションに敏感な若者たちが彼に続いた。

そして、2019年春夏コレクション ルックブックのモデルにロッキーを起用したことで、ストリートにおけるロエベの新しい像が確固たるものに。

ジョナサン・アンダーソン氏とエイサップ・ロッキーの固い絆は、ロエベが成功する上で重要な柱となったと言えるだろう。

人気の理由⑤|ロエベを愛する芸能人・ラッパー

エイサップ・ロッキーに限らず、オシャレで影響力のある人々が身につけるものは何でもクールだとされる。

ロエベがこれほどまでに現代ストリートシーンで人気を博すようになったのも、このブランドを愛するセレブたちによる所はかなり大きいだろう。

それでは最後に、ロエベのアイテムを着用している芸能人・ラッパーたちのコーデをご紹介しよう。

今なら
MAX15%OFF
↓↓送料無料↓↓

ASAP Rocky

Via LOEWE

Rihanna

Via VOGUE

Justin Bieber

Via PAUSE Online

James Harden

Via Pinterest

Jordan Clarkson

Via Instagram @jordanclarksons

これからもLOEWE(ロエベ)の躍進は止まらない。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

今なら
MAX15%OFF
↓↓送料無料↓↓

関連記事一覧