【厳選】日本人ラッパーが愛用するベルトのブランドまとめ

ベルトは単にパンツの位置をウエストに固定する道具でしかないのか。答えはノーだ。

ファッショニスタはこだわってベルトを選ぶが、そもそもベルトのブランドを知る機会が少ないのが現状。

そこで今回は、お洒落な日本のラッパー達が愛用しているベルトのブランドを厳選してご紹介しよう。

是非ベルト選びのヒントにして欲しい。

 【ブランド一覧】
1 B.B. Simon
2 CHROME HEARTS
3 GOYARD
4 GUCCI
5 HERMETIC
6 Maison Margiela
7 Salvatore Ferragamo

1 B.B. Simon

写真のJP THE WAVYがつけているベルトは、B.B. SimonのAdabelle westernであり、お値段は約4.5万円。

出典:bbsimononline.com

B.B. Simonについて

2000年代HIPHOPを代表するグループ・DIPSETは、当時シーンで流行っていたファッションとは全く異なる型破りなスタイルでも人々の注目を集めていたのだが、現代ラッパーのファッションにも彼らの影響は残っている。

例えば、CHROME HEARTSの服を着て、派手なベルトやウォレットチェーンを付けているラッパーは今でこそよく見かけるが、このスタイルはDIPSETに影響を受けているだろう。

そして、DIPSETのメンバーが着用したことで一世を風靡したB.B. Simon(ビービーサイモン)のベルトは、今再びストリートで流行りつつあり、Lil Uzi Vertら若手USラッパーや、JP THE WAVYLEXなどファッション感度の高い日本のラッパーも着用している。

B.B. Simonのベルトは、バックルやレザー部分にクリスタルが散りばめられた派手なデザインが特徴的であり、デニムパンツとの相性が抜群なことはDIPSETが証明している。

2 CHROME HEARTS

写真のT-Pablowが着用しているベルトはCHROME HEARTSの3ピースセット/ローラーベルトでお値段は¥307,800。

出典:item.rakuten.co.jp

CHROME HEARTSについて

CHROME HEARTS(クロムハーツ)はHIPHOPシーンではお馴染みのブランドであり、Lil Uzi Vertの『Chrome Heart Tags』や、日本だとPETZの『CHROME HEARTS』など、楽曲のタイトルやリリックで登場することからもブランドの人気がうかがえる。

リチャード・スターク氏とレザー職人のジョン・バウマン氏が、自分達が着たいと思えるレザージャケットを作ろうとして、1988年にLAのガレージで立ち上げたのがCHROME HEARTS。

伝説的パンクロックバンド・SEX PISTOLSのギタリストであるスティーヴ・ジョーンズがCHROME HEARTSの人気に火をつけ、そこからMotley CrueやGuns N’ Rosesといった他のビッグバンド達が、CHROME HEARTSのレザーアイテム・アクセサリーを着用し始め、当時のロックスターの必需品と言えるほどのポジションを確立した。

そして、HIPHOPシーンにもその人気の波が押し寄せ、Jim JonesやLil Wayneといったラッパー達が頻繁にCHROME HEARTSのアイテムを着用するようになり、最近ではDrakeQuavoらも愛用している。

日本でもクロムハーツ好きのラッパーはたくさんいて、BAD HOPのT-Pablowもその一人なのだ。

3 GOYARD

出典:YouTube

若者に夢を見せ続ける日本のラッパー・AK-69が『KINGPIN』のMVにてGOYARDのベルトを着用している。

GOYARDについて

GOYARD(ゴヤール)のアイテムを持つことは究極の贅沢を意味し、エイサップ・ロッキーやトラヴィス・スコットなど成功しているラッパー達がこぞってGOYARDの革製品を愛用している。

リルウジもGQの企画「10 Essentials」でGOYARDのバッグを16個ほど持っていると言っており、かなりのファンであることを明らかにしている。

Pharrell Williamsに始まり、Kanye West、そしてリルウジら最近のラッパーまで脈々と受け継がれる、HIPHOPシーンにおけるGOYARD愛は今後も間違いなく続いていくだろう。

4 GUCCI

出典:YouTube

ヤングトウカイテイオーこと¥ellow Bucks(イエローバックス)は『Balls Out』のMVでGUCCIのダブルGバックル レザーベルト(¥55,000)を着用している。

出典:gucci.com

GUCCIについて

分かりやすいステータスシンボルであるGUCCIは、多くのラッパー達にとって成功を意味する一つの証である。

しかし、ベルトやキャップといったファッション小物は、比較的手が届きやすいので是非チェックしてみよう。

5 HERMETIC

出典:YouTube

B.B. Simon好きで知られるLEXは『CHAMPION』のMVでHERMETICのCRYSTAL BELT(¥24,200)を着用している。

出典:closet-by-haji.com

HERMETICについて

HERMETIC(ヘルメティック)のラインストーンベルトは、先ほど紹介したB.B. Simonを彷彿とさせ、同ブランドは近年の2000sファッションのリバイバルブームの中で注目を集めている。

また、HERMETICは、B.B. Simonを流行らせたDIPSETとも過去にコラボレーションしているのだが、ブランドの詳細情報は発表されておらず、未だ多くの謎に包まれている。

HERMETICは日本だと、NUBIANで取り扱いがあるので機会があれば是非チェックしてみよう。

6 Maison Margiela

オールホワイトのコーデが最高にクールなKOHHが着用しているアイテムはベルトも含めすべてMaison Margiela

Maison Margielaについて

2021年4月に、「YELLOW TAPE 5」に収録される楽曲『Margiela』のMVの一部を公開したKOHH。

KOHHは、過去にも「マルジェラ」というワードを何度か歌詞に入れるほどマルジェラが好きなことで知られている。

そして、GQ JAPANの企画で、写真家の操上和美氏とスタイリストの北村道子氏とKOHHが初めてセッションした際に撮られたのが上の写真。

KOHHのようなファッションスタイルが好きな方は、ベルトに限らずマルジェラのアイテムは要チェックだろう。

7 Salvatore Ferragamo

出典:YouTube

KANDYTOWNのKEIJUが『PROGRESS』のMVで着用しているのは、Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)のベルト。

Salvatore Ferragamoについて

同じくKANDYTOWNに所属するIOと共にフェラガモのモデルに起用されているKEIJUが、同ブランドのベルトを着用しているのは当たり前かもしれないが、フェラガモのベルトが上品でカッコいいことには間違いない。

また、フェラガモのベルトはビジネスシーンにもうってつけなので、持っていて損はないだろう。

いかがでしたでしょうか。今回は日本のラッパー達が着用しているベルトのブランドをご紹介しました。

ベルトを探しているメンズは是非参考にして欲しい。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧