DeepRiver|キャップやパーカーが人気な謎多きストリートブランド

日本のドメスティックブランドを取り上げる企画【.jp】(ドット・ジェー・ピー)

ドメスティックブランドとは日本国内発のブランドのことを指し、既存の西洋文化に日本的な新要素を加え、時には破壊することで新しい価値を生み出しています。

そして今回は、ヤング世代のHIPHOPシーンで盛り上がりを見せるストリートブランド・DeepRiverについてご紹介します。

 【目次】
1 DeepRiverとは
2 Tokyo Young Visionについて
2.1 Hideyoshi
2.2 Normcore Boyz
3 DeepRiverを着ているラッパー

1 DeepRiverとは

出典:deepriver81.official.ec

  •  価格:★★☆☆☆
  •  品質:★★★★☆
  • 独創性:★★★☆☆
  • 知名度:★★☆☆☆

DeepRiver(ディープ・リバー)とは、今最も注目されているクルーの一つであるTokyo Young Visionのメンバー・Mike(マイク)が手がけるアパレルブランドで、不良文化をリアルに表現したデザインが特徴。

キャップやパーカーが人気なDeepRiverは、HIPHOPシーンにおいて横の繋がりが強く、LEXJP THE WAVYなど様々なラッパーが着用している。

2 Tokyo Young Visionについて

Tokyo Young Visionの所属メンバーのうちラッパーをご紹介。

2.1 Hideyoshi

Hideyoshi(ヒデヨシ)は、Tokyo Young Visionのリーダーを務める日本のラッパーで、2020年1月にYouTubeにてMVを公開した『Majinahanashi』は「ナルトのサスケが聴いてそうな曲だ」と海外でも話題になり、再生回数は390万を超える。

2.2 Normcore Boyz

Normcore Boyz(ノームコアボーイズ)とは、お台場出身の幼馴染5人で2016年に結成されたHIPHOPクルーで、Hideyoshiらと共にTokyo Young Visionに所属している。

『ANTI SOCIAL CLUB』や『Call I』など様々な人気曲を生み出しているNormcore Boyzだが、メンバー同士の方向性の違いにより、2021年3月31日から活動を休止することを発表している。

また、5人で仲良く活動している姿を見られることをHIPHOPファン達は心から願っている。

3 DeepRiverを着ているラッパー

最後に、DeepRiverを着用しているラッパーをご紹介。

ちなみに、ラッパー達のキャップのブランドは下記記事でたくさん紹介しているので要チェック。

3.1 who28

who28(フー・トゥウェンティーエイト)が着用しているキャップもTシャツもDeepRiverのアイテムである。

3.2 LEX

こちらの笑顔が素敵なLEX(レックス)が被っているのはDeepRiverのキャップで、パーカーはLEXとDeepRiverのコラボアイテム

3.3 week dudus

YouTubeより

姫路出身のラッパー・week dudus(ウィーク・ドドス)が人気曲『Bend Over Wess』のMVにて着用しているこのスニーカーは、姫路のペイントスニーカーブランド・ANFANG TOWNとDeepRiverのコラボアイテムであり、エアフォース1をベースにしている。

3.4 OZworld

レッドやブラックのキャップが人気だが、OZworldが被っているこのグリーンカラーもかっこいい。

いかがでしたでしょうか。今回は、HIPHOPシーンにおいて若い世代を中心に流行しつつあるインディペンデントアパレルブランド・DeepRiverをご紹介しました。

人と違うキャップのブランドを知りたい方はこちらの記事をご覧あれ。

定番のNEW ERA(ニューエラ)キャップの被り方は下記記事で要チェック。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧