MIYACHIに学ぶ”ニューヨークスタイル”なストリートファッション

日本語と英語を駆使し、英語訛りの独特のフローで独自のスタイルを魅せるラッパー・MIYACHI(ミヤチ)

『WAKARIMASEN』など、クールでありながらファニーなMIYACHIの楽曲は話題性にも長けており、街の若者を中心に熱狂的な支持を集めている。

そして、そんなMIYACHIはファッションもオシャレであり、ニューヨークスタイルのストリートファッションだ。

今回はMIYACHIがMVや私服で着ている服のブランドをチェックしながら、その本場仕込みのファッションスタイルを解剖していこう。

【ブランド一覧】
1 NEW ERA
2 KANGOL
3 WASTED YOUTH
4 LEGALIZE
5 POLO RALPH LAUREN
6 A BATHING APE

1 NEW ERA

出典:YouTube

MIYACHIがよく被っているこのキャップは、NEW ERAの59FIFTY ニューヨーク ヤンキース(6,050円)

NEW ERA(ニューエラ)は、ニューヨークにて生まれたキャップメーカーであり、ニューエラキャップは国内外の様々なラッパーたちに長年愛されてきた。

そして、ニューヨークで生まれ育ったMIYACHIは、3~4歳の頃からNEW ERAを被っていて、彼にとってはファッションアイテムというよりはカルチャーだろう。

NEW ERAのキャップはサイズ展開も多く、デザインやカラーも豊富なのでキャップ初心者にもおすすめだ。

2 KANGOL

出典:YouTube

『TARINAI』のMVでMIYACHIが被っているバケットハットは、KANGOLのメトロハット/バミューダカジュアル(7,500円)

KANGOLのバケットハットにジャージのセットアップ。

これはニューヨーク州出身のラッパー・LL Cool Jのトレードマークだ。

出典:YouTube

ファッションにおいてもさりげなくニューヨークをレペゼンする、MIYACHIの粋な計らいだ。

3 WASTED YOUTH

出典:YouTube

『KANSAI LIFE』のMVでMIYACHIが着ているベストとパンツは、WASTED YOUTHとBLACK EYE PATCHのコラボアイテム。

  • ベスト:VEST OLIVE(24,200円)
  • パンツ:Sweat Cargo Pants Olive(22,000円)

WASTED YOUTH(ウェイステッドユース)とは、Girls Don’t Cryの生みの親でもあるVERDY氏が手掛けるブランドであり、NIKE SBやBLACK EYE PATCHといったブランドとのコラボアイテムは大きな注目を集めた。

堀米雄斗もWASTED YOUTHの服を着用しており、ストリート・スケーターファッションが好きな方は要チェックだ。

4 LEGALIZE

出典:YouTube

『MESSIN』のMVでMIYACHIが着ているTシャツは、LEGALIZEのLEGALIZE TEE YELLOW(4,500円)

LEGALIZE(リーガライズ)とは、2001年に東京で誕生したストリートブランドであり、デザイナー本人達が欲しいモノだけを作り続ける。

Tシャツやパーカーといったウェアから、バッグやライターなどのアイテムまで幅広く展開されているので一度公式サイトを覗いてみて欲しい。

5 POLO RALPH LAUREN

出典:YouTube

blackboardにて、ファミマラップを披露するMIYACHIが着ているこのロンTは、POLO RALPH LAURENの長袖ポロシャツだ。

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の代表的なラインであるPOLO RALPH LAUREN(ポロ・ラルフローレン)は、もしかすると小さい子供が着ている印象が強いかもしれないが、実はHIP HOPシーンでは「クールでリッチ」の象徴として長年ラッパー達の憧れとされてきたブランドだ。

そして、ラルフローレンを最初にストリートシーンに持ち込んだのは、ニューヨークのギャング達だ。

ラルフローレンのオーバーサイズのポロシャツにダボついたデニムパンツを合わせるスタイルは、ニューヨークで流行ったヒップホップファッションの一つだ。

6 A BATHING APE

MIYACHIがこの写真で着ているベストは、A BATHING APEのダウンベストだ。

BAPE(ベイプ)の愛称で知られるA BATHING APE(ア ベイシング エイプ)は初めて世界的に売れた日本のストリートブランドであり、その人気は1990年代後半から現在に至るまで衰えていない。

そして、A BATHING APEの創設者であるNIGO氏が2010年よりスタートさせたHUMAN MADEも今ホットなブランド。

20年以上に渡り、ストリートファッションシーンの最前線で活躍し続けるNIGO氏は日本の誇りだ。

いかがでしたでしょうか。

今回は、MIYACHIのニューヨークスタイルなヒップホップファッションをご紹介しました。

カルチャーを理解して服を着ているMIYACHIからは既に貫禄が滲み出ている。

今後も世界を股にかけ活躍するMIYACHIから目が離せない。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧