知っておきたい90年代メンズファッションのトレンド68選

1990年代は、ポップカルチャーや音楽シーンにとって重要な時代であり、近年、当時のトレンドがリバイバルしているのは言うまでもなく、ヴィンテージファッションが多くの人たちにとって斬新なものになっている。

そこで今回は、洋服から髪型まで、90年代メンズファッショントレンドをまとめてお届けしよう。

1 オーバーオールの肩紐片方外すスタイル

出典:jp.ign.com

オーバーオールの肩紐を片方だけ外すのもよし、両方外すのもよし。

また、90年代を強く感じたい方は、GUESSのオーバーオールがおすすめ。

2 スケーターブランドのロゴTシャツ

出典:gem.app

Alien WorkshopThrasherSpitfireといったスケーターブランドの爆発的人気を受けて、アメリカ中の若者がこれらのブランドのロゴTシャツを着ていた。

ただ、最近ではあまり見かけない。

3 PARASUCOのジーンズ

出典:depop.com

サイドに2本のストライプが入ったPARASUCOのジーンズは、当時ではステータスシンボルであった。

4 パンツの裾を片方だけロールアップするスタイル

出典:yahoo.com

刑務所に入ることがカッコいいことだと思っていた男達は、ギャング達の間で始まったこのスタイルを好んでいた。

そして、かの有名なラッパー・LL Cool Jがこのスタイルを大衆に広めたのであった。

5 GIRBAUDのジーンズ

出典:commons.wikimedia.org

いつの時代も、ティーン世代は身につけている服のブランド次第で、学校のスターになれる。

そして、90年代において、学校に履いていくデニムパンツはGIRBAUD(ジルボー)のものでなければならなかった。

6 ヘアブリーチ

出典:amazon.co.jp

オーストラリアのロックバンド・INXS(インエクセス)のおかげで、「Suicide Blonde」という言葉が日常的に使われていた。

そして、ブリーチヘアで有名なアメリカの料理タレント、ガイ・フィエリのおかげで、このヘアスタイルはいまだに流行っている。

7 PELLE PELLE

出典:heartafact.com

PELLE PELLE(ペレペレ)のレザーは、Avirexのボンバージャケットに次いで人気なアイテムであった。

8 KangaROOS

出典:ebay.com

KangaROOSのシューズの大きな特徴の一つがサイドのポケット

ここに色々なものを隠していた人もいたとかいなかったとか。

9 ラスベガス・レイダースのキャップ

出典:revolt.tv

ウェストコースト(西海岸)のHIPHOPが好きな方なら、90年代にこのキャップが流行っていたことを知っているだろうし、コアなファンなら持っているはずだ。

10 ウォレットチェーン

出典:commons.wikimedia.org

当時、ウォレットチェーンは、自分がワルであることを表すアイテムであった。

また、単純に、財布をポケットの中から取り出しやすいというメリットもある。

11 ネオンカラーのウィンドブレーカー

出典:ebay.com

ネオンカラーのウィンドブレーカーを羽織っていれば、学校ではたちまちヒーローになれた。

このトレンドは子供達の間で特に話題になっていたが、色が派手であれば派手なほど良いとされていた。

12 SKECHERS

出典:flickr.com

華やかさとスニーカーらしいカジュアルさが見事に共存していたSKECHERS(スケッチャーズ)のスニーカーは、当時一世を風靡していた。

13 ボーダー柄のニットセーター

出典:spur.hpplus.jp

Kurt Cobain(カートコバーン)Freddie Krueger(フレディクルーガー)らが着用していたボーダー柄のニットセーターはストリートでかなり普及していた。

カートコバーンのようにセーターを破壊したければ、糸を思いっきり引っ張ろう!

14 バンダナ

出典:hypebeast.com

バンダナを頭に巻くことは、すなわち伝説のラッパー・2Pacへの愛を意味していた。

15 British Knights

出典:commons.wikimedia.org

厚底で重厚なラベルのついたヒールにより、British Knights(ブリティッシュナイツ)はHIPHOPヘッズ達の間で大人気であった。

また、BKの大きなベロは、90年代に登場したムートンブーツ型のスケートシューズの先駆けになったのかもしれない。

16 ダメージジーンズ

出典:independent.ie

当時、NIRVANA(ニルヴァーナ)の曲を聴いていた人たちのほとんどは、デニムパンツに少なくとも3つは穴が開いていた。

17 ロングヘアースタイル

出典:edition.cnn.com

カート・コバーンアクセル・ローズなど多くのロックスター達がロングヘアをなびかせていた。

そして、ヘヴィメタル専門の音楽番組「MTV Headbangers Ball」が放送された時、アメリカ中の子供達は床屋にいくのを辞め、髪を伸ばし始めた。

18 コンバットブーツ

出典:commons.wikimedia.org

当時、全ての男達はSF映画「タンク・ガール」や、テレビアニメ「ビーバス・アンド・バットヘッド」の登場人物に憧れてコンバートブーツを欲しがった。

19 TRIPLE 5 SOUL

出典:commons.wikimedia.org

「555-SOUL」とプリントされたパーカーは当時見たことがある人も少なくないだろう。

今では全く見なくなってしまったが。

20 G-SHOCK

出典:commons.wikimedia.org

超ハイテク時計が流行っていた当時、G-SHOCKを腕につけていたキッズは、もれなくポテトチップスの袋を持っており、幸せそうな体型をしていた。

21 ZUBAZのパンツ

出典:commons.wikimedia.org

リルウェイン以前のラッパー達は、ZUBAZなどのブランドのワイルドなパンツを愛用していた。

22 グラフィックTの上にボタンを外したシャツを重ねるスタイル

出典:membersonly.com

このスタイルは、90年代当時ではイケてる男のユニフォームであった。

長袖シャツをジャケットのように羽織って、下にはニルヴァーナやダニエル・ジョンストンのバンドTシャツを着れば、女性を口説く準備はバッチリであった。

23 LUGZ

出典:amazon.com

1993年にTimberlandのライバルとして現れたLUGZは、HIPHOPシーンにおいてファンが多かった。

厚底で大きいブーツは当時のトレンドで、ダボダボのバギージーンズやチェーンとの相性は抜群だ。

24 温度で色が変わるTシャツ

出典:commons.wikimedia.org

温度によって色が変わる感温素材を使用したTシャツは、触ると色が変わるのであらゆる場所に手形がついてしまう。

また、間違った洗濯の仕方でダメになることも少なくなかった。

25 無地のTシャツの上にブレザーを重ねるスタイル

出典:businessinsider.com.au

90年代の男達は、ダボついたスーツの下に黒の無地Tシャツを着ていた。

今ではあまり見かけなくなったスタイルだ。

26 AIRWALK

出典:airwalk-jp.com

当時、スケートシューズといえばVANS派AIRWALK派に分かれた。

最終的にVANSが勝ったことは、近年のスケーター達の足元を見ても分かる通りだ。

27 ICEBERGのニットセーター

出典:upperupper.jp

このディズニーストアで買ったようなICEBERGのニットセーターは、90年代ならではのトレンドだ。

28 REEFのサンダル

出典:commons.wikimedia.org

とてもじゃないがトレンドになりそうもないアイテムでも、みんなが着用すれば、それがクールと見なされる好例だ。

29 タンクトップ

出典:entitymag.com

アーノルド・シュワルツェネッガーのような強靭な肉体の持ち主の間では、タイトなタンクトップが流行していた。

確かに胸筋を見せびらかすのに、これほど最適なアイテムはない。

30 ROCAWEAR

出典:commons.wikimedia.org

ROCAWEAR(ロカウェア)は、JAY-Zと共にHIPHOPレーベル・ロッカフェラレコードを立ち上げたデイム・ダッシュが始めたもので、ラッパーが手掛けるアパレルブランドとしては信じられないほどの成功を収めている。

31 Eddie Bauer

出典:flickr.com

キャンバス地のバックパック、ダウンベスト、ダウンジャケット、バギージーンズ、フォード・エクスプローラー(車)の全てが手に入る場所といえば?

そう、Eddie Bauer(エディー・バウアー)しかない。

32 ボディピアス

出典:YouTube

90年代は、舌やヘソなど、身体中にピアスをつける全盛期であった。

33 NEW BALANCEのグレーのスニーカー

出典:sneakerfreaker.com

その昔、NEW BALANCEのカラーはグレー一色しかなかったが、ファッショニスタからコンピュータープログラマーまでみんなが愛用していた。

今でもNEW BALANCEが人々に愛されているのは言うまでもないだろう。

34 PHAT FARM

出典:commons.wikimedia.org

当時、アーガイル柄のニットベストといえばPHAT FARM(ファットファーム)であった。

また、デニムパンツも同ブランドの代表アイテムだ。

35 BENETTON

出典:commons.wikimedia.org

ベネトンは、血まみれの新生児などグロテスクで物議を醸す広告によって、社会問題を投げかけたことにより当時ブームを巻き起こしたが、結局それらの斬新な広告は、全人類が平等であることを意味するものだ。

36 OAKLEY

出典:commons.wikimedia.org

ウェイファーラーが復活するまでは、オークリーのサングラスが流行っていた。

クールなメンズは全員オークリーのサングラスを持っていたといっても過言ではない。

37 縦ストライプシャツ

出典:commons.wikimedia.org

90年代では、身体のラインにフィットしない、縦ストライプのシャツが流行した。

特に、Tommy HilfigerEddie BauerPOLOのシャツは圧倒的な人気を博していた。

38 Reebokのポンプシリーズ

出典:commons.wikimedia.org

元NBA選手のドミニク・ウィルキンスらがReebokのポンプシリーズを履き始めたとき、人々は自動紐調整シューズを思わせる未来的なデザインに興奮した。

39 タートルネック

出典:usatoday.com

タートルネックは、冬になるとボーイズバンドが身につける定番アイテムであった。

40 GUESS

出典:flickr.com

お尻の部分に三角形があればそれはGUESSのジーンズだと分かったものだ。

また、先述の通り、GUESSのオーバーオールも最高であった。

41 レーヨン素材のシャツ

出典:commons.wikimedia.org

アメリカの名俳優であるキューバ・グッディング・ジュニアは、レーヨン素材のシャツなど、いつも最高にお洒落な服を身につけていた。

ファッションアイコンとされる男が身につけるものが流行るのは、いつの時代も同じだ。

42 CROSS COLOURS

出典:commons.wikimedia.org

カール・ジョーンズ氏とT.J.ウォーカー氏は、社会的認知度を高めるために「偏見のない服」を作りたいと考え、CROSS COLOURS(クロスカラーズ)を立ち上げた。

家なき子やエイズ、人種差別が問題視されていた当時、このブランドは人々の憧れの的になり、様々な著名人が支持した。

43 FUBU

出典:commons.wikimedia.org

FUBU(フブ)は黒人をサポートするためのブランドであったが、実際には白人の子供達の方が着用していた。

そして、そんなFUBUは今でもアジアを中心に人気がある。

44 FILA

出典:flickr.com

有名なラッパー達がスポーツメーカーをファッションに取り入れた始めた90年代に流行ったブランドの一つがFILA(フィラ)

そして、FILAの流行もまた2Pacがきっかけだ。

45 Mossimo

出典:commons.wikimedia.org

Mossimo(モッシモ)は90年代当時、STUSSYと並ぶ人気ブランドであったが、今ではあまり見かけなくなった。

46 バケットハット

出典:capitalxtra.com

80年代にJam Master JayLL Cool Jによって流行し、90年代にはデイモン・ダッシュ、ゴーストフェイス・キラー、ラキムによって復活した。

皆さんご存知の通り、今日も愛されるアイテムだ。

47 バギーデニムパンツ

出典:hypebeast.com

90年代のストリートでは、ジーンズはダボついていればダボついているほど良かった。

48 センターパート

出典:vogue.co.uk

長髪にしろ、短髪にしろ、当時最もイケてる髪型の一つがセンターパートであった。

近年リバイバルしていることは言うまでもない。

49 Wu-Wear

出典:ebay.com

Wu-Wearは、当時急成長していたHIPHOPグループ・Wu-Tang Clanが、自分たちの絆を多様化する手段の一つに過ぎなかった。

レザージャケット、カーゴショーツ、パーカー、Tシャツなど、どれもアイコニックな「W」マークを取り入れていたのが印象的だ。

50 スパイクヘア

出典:menshairstylestoday.com

このスパイクヘアが流行りに流行ったおかげで儲かったヘアスタイリング剤の会社も少なくない。

51 Timberlandのブーツ

出典:timberland.co.jp

当時、新品のTimberland(ティンバーランド)の6インチブーツほど尊いものはなく、消しゴムで手入れをしていた人もいたという。

52 KARL KANI

出典:commons.wikimedia.org

HIPHOPシーンのレジェンド的存在であるNasを広告に起用したことでも知られるブランド・KARL KANI(カールカナイ)は、間違いなく90年代のニューヨークファッションの王様だ。

53 NO FEAR

出典:commons.wikimedia.org

当時それほどカッコいいブランドとして認識されていなかったNO FEARは、エクストリームスキープレイヤーのグレン・プレイク氏のクールなイメージによって、若者の定番ブランドになった。

54 AVIREX

出典:commons.wikimedia.org

当時の若者にとって、お金を貯めてAvirex(アヴィレックス)を買うのが待ちきれないほどの楽しみであった。

特に、INDIAN HEADを手に入れた人はボスとして見られた。

55 Dr. Martens

出典:commons.wikimedia.org

Dr. Martens(ドクターマーチン)は今でもトレンドだが、90年代に大流行した。

イギリスのストリートの若者達がパンクモッズカルチャーと融合させたことで世に定着していった。

56 NAUTICA

出典:commons.wikimedia.org

90年代のNAUTICA(ノーティカ)は、ジャケット、シャツ、ショーツで大成功を収めた。

NAUTICAの鮮やかな色使いはアーバンカルチャーに受け入れられ、POLOTommy Hilfigerと同列に扱われるようになった。

57 COOGI

出典:gq-magazine.co.uk

ラッパーが曲の中で称賛するブランドをファン達が身につけるというのは、今となっては当たり前の光景だ。

COOGIもそれで流行ったブランドの一つ。

ビギーことノートリアス・B.I.G.は『One More Chance』でCOOGIをリリックに登場させ、この鮮やかなニットセーターが一世を風靡することになった。

58 トラックジャケット

出典:commons.wikimedia.org

B-BOY、アスリート、お爺さん、イギリスのロックスター。

全員がトラックジャケットを着ていた。

特にADIDASのスリーストライプが特徴的なトラックジャケットは人気だった。

59 CK ONE

出典:amazon.co.jp

Calvin Kleinのユニセックスのフレグランス・CK ONEは当時大流行した。

そして、この90年台の香りがする香水は今でも手に入る。

60 GAP

出典:flickr.com

GAPには、ポケットTシャツ、アノラック、チノパンなどがあり、あらゆる色が揃っていた。

当時の多くの若者にとって、頭からつま先までGAPを身につけていれば、それだけで十分だった。

61 TOMMY HILFIGER

出典:flickr.com

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)は当時の若者達にとって全てだった。

女の子達はみんなトミーを着ていたAaliyah(アリーヤ)に憧れたし、男の子達はみんな同じくトミーを愛用していたGrand Puba(グランド・プーバ)のようになりたいと思っていた。

62 JANSPORT

出典:flickr.com

当時リュックといえばJANSPORTSであり、EASTPAKは偽物のような扱いをされていたという。

63 腰巻きスタイル

出典:whowhatwear.com

Calvin KleinのジーンズにVeruca SaltのバンドTを着て、腰にパーカーを結びつけておけば十分であった。

64 カーゴパンツ

出典:commons.wikimedia.org

カーゴパンツは利便性の高いSUVのようなものであった。

SUVも当時流行っていたし、カーゴパンツがこの時期にブームになったのも納得だ。

65 POLO RALPH LAUREN

出典:flickr.com

POLO RALPH LAURENは現在も落ちぶれていないが、90年代が全盛期であったことは間違いない。

アメリカ国旗のアイコンはポニーと同じくらい普及し、この時代のPOLOはAcapulco Goldなどのブランドにも影響を与えた。

66 ネルシャツ

出典:mysocalledlife.fandom.com

90年代にネルシャツが流行したことを知っている人は意外と多いのではないだろうか。

今でもトラヴィススコットらトップ級にお洒落なラッパー達がときおりネルシャツを着用するが、90年代当時は前のボタンを開けるのが一般的であった。

67 キャップの後ろ被りスタイル

出典:quora.com

HIPHOPグループ・PUBLIC ENEMYチャックDがよくキャップを後ろ向きに被っていたが、当時全盛期であったウィルスミスが同じ被り方をしていたのも印象的だ。

68 AIR JORDAN

出典:medium.com

マイケル・ジョーダンは90年代に6回の優勝を果たした。

この事実だけで、人々はジョーダンを履くことで魔法の力が得られると信じていた。

そしてもちろん、この時代に発売されたジョーダンはどれも大ヒット。

90年代のポップカルチャーのアイコンは、誰もがジョーダンを履いていたし、紛れもなく90年代の最大のトレンドだ。

いかがでしたでしょうか。今回は、ストリートファッション業界にとって非常に重要な時代である90年代のファッショントレンドをご紹介しました。

流行り廃れはあるものの、90年代の影響がいかに現代まで残っているのかを感じていただけたのなら幸いだ。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧