トラヴィス・スコットのファッションブランドとのコラボ全集

ラッパーが服やアクセサリーで注目を集めるのは、なにもTravis Scott(トラヴィス・スコット)に限った話ではない。

しかし、彼ほど人気を上手く利用できているアーティストは多くない。

そこで今回は、トラヴィスとファッションブランドとの過去のコラボレーション全12個を時系列でご紹介します。

 【目次】
1【2014】BEEN TRILL
2【2016】Diamond SUPPLY CO.
3【2016】BAPE
4【2016】MAHARISHI
5【2017】HELMUT LANG
6【2017】Ksubi
7【2017】NIKE
8【2018】SAINT LAURENT
9【2018】READYMADE
10【2019】NEW ERA
11【2020】UNINTERRUPTED
12【2020】EVISU

Travis Scottのファッションチェックは下記記事をご覧あれ。

1【2014】BEEN TRILL

トラヴィスの最初の公式なコラボレーションは、BEEN TRILL(ビーン・トリル)とのコラボ長袖Tシャツを発売した2014年まで遡る。

フロントにはトラヴィスのニックネームである「LA FLAME」の文字がBEEN TRILL特有のフォントで書かれており、大きな炎(flame)のロゴが背中を覆っている。

彼の人気曲の一つ『Upper Echelon』のジャケ写と同じカモフラージュデザインのこの長袖Tシャツは、今ではなかなか手に入りにくい。

2【2016】Diamond SUPPLY CO.

ストリートブランドであるDiamond SUPPLY CO.(ダイヤモンドサプライ)との2016年のコラボレーションも今となっては昔のコラボの一つだ。

このグラフィックTシャツは、90年代と2000代初期にアメリカ南部出身のラッパーのアルバムカバーをデザインしていたPen & Pixel(ペン&ピクセル)の作品から着想を得ている。

3【2016】BAPE

Travis_Bape_WHT
Travis_Bape_BLK
previous arrow
next arrow

出典:bape.com

2016年秋、BAPE(ベイプ)のマスコットキャラクターであるBABY MILO(ベイビーマイロ)とトラヴィス・スコットのコラボTシャツが、カリフォルニアのロングビーチで開催された祭典「ComplexCon」にて販売された。

同じくラッパーのBig Sean(ビッグ・ショーン)Kid Cudi(キッド・カディ)とのコラボTシャツも販売されたのだが、これらは今日では誰もが欲しがるアイテムとなっている。

4【2016】MAHARISHI

出典:maharishistore.com

トラヴィスのアルバム「Rodeo」にインスパイアされ、彼のルーツであるテキサスにスポットライトが当てられたのは、MAHARISHI(マハリシ)とのコラボレーション。

キャップ・スウェットシャツ・パンツ・ツアージャケットの4アイテムがそれぞれ2色ずつ販売されたのだが、中でも目立ったのは、シェリフパッチと馬に跨るトラヴィスの刺繍が特徴的なツアージャケットであった。

5【2017】HELMUT LANG

トラヴィスのHELMUT LANG(ヘルムート・ラング)とのコラボレーションは最も意外なコラボであった。

トラヴィスが、HELMUT LANGの2004年春夏コレクションを改めてデザインしたこのコラボレーションは、Helmut Lang氏自身は関与していないものの、ブランドにとって忘れられないコラボになっただろう。

6【2017】Ksubi

travis_ksubi1
travis_ksubi2
travis_ksubi3
previous arrow
next arrow

出典:ksubi.com

トラヴィスのKsubi(スビ)とのコレクションは、有名デザイナーとの初めての共同プロジェクトというわけではないが、これが史上最高のコラボだと言う人もいるだろう。

ヴィンテージ風のデニムやストライプTシャツなど、どのアイテムもブランド連携が完璧だった。

また、リリースを祝って、トラヴィスのライプパフォーマンスを兼ねたランチパーティーを開き、Ksubiのニューヨーク本店が超満員になったのも有名な話である。

7【2017】NIKE

ひょっとするとトラヴィスとコラボしたブランドで最も認知されているのはNIKEかもしれない。

2017年のエアフォース1に始まったこのコラボは、過去全作品カッコいいので是非下の記事でチェックしてほしい。

8【2018】SAINT LAURENT

トラヴィスは2016年からSAINT LAURENT(サンローラン)のアンバサダーを務めており、2019春夏シーズンではブランドの顔の役割を担い、『Can’t Say』のMVはサンローランの宣伝も兼ねている。

しかし、コラボ商品は、500枚限定のアナログレコードだけであった。

9【2018】READYMADE

トラヴィス・スコットとREADYMADE(レディメイド)のコラボは2018年のアストロワールドツアーが初めてで、舞台衣装のカーゴベストとパンツはREADYMADEが手がけたものであった。

また、ツアーグッズとしてはトラヴィスの幼少期の写真をプリントしたTシャツを販売した。

この両者は、2019年に再度コラボレーションし、3枚セットで白Tシャツをリリースしている。

⬇︎READYMADEについてはこちら⬇︎

10【2019】NEW ERA

newera_travis1
newera_travis2
previous arrow
next arrow

出典:neweracap.eu

トラヴィスのヒューストン愛は誰もが知っている。

だからこそ、ヒューストンのプロ野球チーム・アストロズの公式キャップ(NEW ERA製)と彼がコラボすることには特別な意味があるのだ。

トラヴィスとのコラボキャップでは、アストロズのロゴの横に三つの星が描かれ、帽子の後ろには「Wish You Were Here」と、アストロワールドツアーのグッズでよく見られるフォントで刺繍されている。

キャップのリリースに伴い、トラヴィスは2019年4月に始球式に出たことも有名である。

11【2020】UNINTERRUPTED

新型コロナウイルスのせいで、まともな式典のないまま卒業した高校生のために、NBA選手のレブロン・ジェームズが手がけるブランド・UNINTERRUPTED(アンインターラプティッド)とトラヴィス・スコットによって作られたのがこの「CLASS OF 2020」シャツ

売上金はレブロンジェームズファミリー基金フィーディングテキサスに寄付されるという素敵なコンセプトのチャリティーTシャツである。

12【2020】EVISU

こちらはまだ公式には発表されていないが、2020年を通してEVISU(エヴィス)ジーンズとのコラボデニムがちらほらと見られた。

いかがでしたでしょうか。今回は、現代のファッションアイコンであるトラヴィス・スコットのファッションブランドとのコラボレーションをご紹介しました。

これからも彼の楽曲・ファッションに視線が集まる。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧