• HOME
  • 記事
  • FASHION
  • 日本人ラッパーが愛用しているサングラスと眼鏡のブランドは?

日本人ラッパーが愛用しているサングラスと眼鏡のブランドは?

TohjiやAK-69などサングラスが印象的な日本人ラッパーは多い。

しかし、自分に合うサングラスを見つけるのに苦戦している方も多いだろう。

そこで今回は、日本人ラッパーがつけているサングラスや眼鏡のブランド9個を着用シーンと共にご紹介します。

 【ブランド一覧】
1 BOSTON CLUB
2 OAKLEY
3 LOUIS VUITTON
4 INARI
5 JEAN PAUL GAULTIER
6 Yohji Yamamoto
7 GUCCI
8 白山眼鏡
9 LOEWE

1 BOSTON CLUB

KOHH -【MV】Glowing Up

Via YouTube

サングラス

BOSTON CLUB WESTON Col.01 SUN
(2万2000円 ※売り切れ)

BOSTON CLUB(ボストンクラブ)とは、1984年にスタートした日本のアイウェアブランド。

加工の難しいセル巻きや彫金模様のフレームなどを用いたクラシックなスタイルを現代風にアップデートしたデザインが特徴であり、30年近く前の金型や図面を今でも利用している。

KOHHが付けているサングラスは、シンプルなフレームだがブリッジやテンプルに施されている彫金にBOSTON CLUBらしいこだわりを感じるアイテムだ。

全く同じアイテムはどこも売り切れてしまって手に入らないが、BOSTON CLUBの同じシルエットのアイテムが、楽天市場にて定価で手に入るので下記からチェック!

BOSTON CLUBの
\似ているアイテムをチェック/


¥23,100

2 OAKLEY

Tohji -【MV】GOKU VIBES

Via YouTube

サングラス

OAKLEY FIVES SQUARED
(1万3700円)
Tohjiと
\同じアイテムをチェック/


¥10,980

Tohji -【MV】GOKU VIBES

Via YouTube

サングラス

OAKLEY Eyejacket Redux
(2万6700円)
Tohjiと
\同じアイテムをチェック/


¥13,480

OAKLEY(オークリー)とは1975年に創設された世界最高峰のアイウェアブランドであり、スポーツ選手やファッショニスタなど、OAKLEYが愛用されているフィールドは多岐にわたる。

そんなOAKLEYは勿論かけ心地が抜群であり、ストレスのないお洒落を楽しむことができる。

個性的なファッションを好む方におすすめだ。

3 LOUIS VUITTON

JP THE WAVY – TOKYO DRIFT FREESTYLE

Via YouTube

サングラス

LOUIS VUITTON サングラス 1.1 ミリオネア
(10万8900円)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のミリオネアはHIPHOPシーンで馴染み深いが、値段が高いので手を出しづらい

そんな方は、コスパ最強なオランダの新鋭ブランド・GRUNGEGLASSESをチェックしてみて欲しい

日本のヒップホップヘッズの間で有名なショップ・SUPPLIERで販売しているので下記からチェックしよう。

SUPPLIERで
\GRUNGEGLASSESのサングラスをチェック/


¥14,300

4 INARI

JP THE WAVY -【MV】Cho Wavy De Gomenne Remix

Via YouTube

サングラス

INARI EYEDENTITY TYPE14
(2万5300円)

SALU -【MV】GOOD VIBES ONLY

Via YouTube

サングラス

INARI x MYne
(2万6400円)
SUPPLIERで
\似ているアイテムをチェック/


¥9,900

INARI(イナリ)は、2003年にスタートした日本のアイウェアブランドで、「主役になるサングラス」を展開している。

JP THE WAVYやSALUが着用したことで話題になった。

5 JEAN PAUL GAULTIER

Tiji Jojo – Suicide Remix

Via YouTube

Tiji Jojoが『Suicide Remix』や『Kawasaki Drift』のMVなどで着用しているこちらの金縁の眼鏡は、JEAN PAUL GAULTIERのアイテムだ。

JEAN PAUL GAULTIER(ジャンポールゴルチエ)とは、ファッション界の異端児と呼ばれるジャンポールゴルチエ氏が1976年に自身の名を冠して立ち上げたブランド。

1980年代に一世を風靡したJEAN PAUL GAULTIERは2015年にプレタポルテから撤退しているが、ヴィンテージ品が今でもファッショニスタの間で人気だ。

\似ているアイテムをチェック/


¥16,500

6 Yohji Yamamoto

AK-69

Via Instagram @ak69_official

サングラス

Yohji Yamamoto ラウンドフレームサングラス
(約5万2000円)

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)は、1981年のパリコレで、コムデギャルソンと共に当時タブーとされていた黒色を全面的に押し出したコレクションを展開し、モード界、いやファッション業界に旋風を巻き起こした。

この出来事は「黒の衝撃」と呼ばれ、間違いなく今後もファッション史に残る出来事だ。

あまりHIPHOPのイメージがないYohji Yamamotoだが、Drakeなどファッション感度の高いラッパーが愛用している。

\似ているアイテムをチェック/


¥8,800

7 GUCCI

kZm -【MV】Yuki Nakajo

Via YouTube

kZmが『Yuki Nakajo』のMVにて着用しているこちらのサングラスは、GUCCIのGGロゴが特徴的なアイテム。

GUCCI(グッチ)は言わずと知れたラグジュアリーブランドであり、USのヒップホップとの関係も長い。

そしてやはり日本においても成功しているラッパー達がGUCCIのアイテムを身につけており、一目でGUCCIと分かるデザインは世界共通のステータスシンボルである。

定価より大幅に安い
\GUCCIのサングラスをチェック/


新品は¥16,800〜

8 白山眼鏡

DELTA9KID -【MV】ANGELA

Via YouTube

眼鏡

白山眼鏡 LINDY ARM
(3万8500円)

白山眼鏡(HAKUSAN MEGANE)とは、1883年創業の白山眼鏡店をルーツにもつ眼鏡のブランドであり、「デザインしすぎないこと」をブランドコンセプトに掲げる。

シンプルで主張しすぎない白山眼鏡の眼鏡は、聡明そうな印象を与える。

9 LOEWE

ShowyЯENZO -【MV】死と税金

Via YouTube

サングラス

LOEWE サングラス(アセテート)
(4万2900円)

LOEWE(ロエベ)とは、1872年にスタートしたスペイン発の歴史あるファッションブランドであり、スペイン王室御用達である。

2013年にジョナサン・アンダーソンがクリエイティブディレクターに就任して、LOEWEは上品で知的な雰囲気を保ちつつも、若々しさを取り戻した。

日本のHIPHOPシーンではあまり見かけないが、ASAP RockyやリルウジなどUSラッパーの間では大人気なブランドだ。

いかがでしたでしょうか。今回は、日本人ラッパーが着用しているサングラスのブランドを着用シーンと共にご紹介しました。

季節によらず活躍するアイテムであるサングラスを探している方はお洒落なラッパー達を参考にしてみてはいかがだろうか。

MINARI.(ミナリ)は情報の質にこだわり、記事の執筆に時間をかけて丁寧に行っています。他の記事もぜひ合わせてお楽しみ下さい。

関連記事一覧